なけなしのおカネで起業するか

手元にある50万円。これで起業するか、どうしようか。どうなっちゃうんだろうかという記録を書いたり書かなかったり。

02哲学・考え方

名は体を表わさない


とてつもなく珍しく 起業について書いてみようと思う なけぬし です。


このブログ、暗号通貨の内容が90%以上でお送りしていますが、
そもそも2020年にはビジネスオーナーになっている前提で、

記録を残していく目的で公開していました。(今でも同じです)



ただ、暗号通貨に出会ってから、


【革命】 に魅了され、そちらに興味が映りましたが、


それらで起業できるはずもなく、ビジネスシ-ズとしては、
いくつか思い描く(あたためている)のみで、

いつか花開くのを待っている状況。



それでも、暗号通貨の利益が出れば


少額M&Aを実行して、ビジネスオーナーが見えてきます。



ブログタイトルにある「なけなしのおカネで起業」というのとは

ちょっと違いますが「なけなしのおカネでビジネスオーナー」になることはできそうな気がしています。





そもそも、暗号通貨をガチホールドしていたほうが、

大金持ちになるかもしれませんが、


おカネを使って、ビジネスを動かしたり、雇用を生むことも

大切な役割だと思っているので、



マネーゲームに終始しないように、


おカネの使い方も身につけていきたいと思います。






ですから、起業、副業と称して、せどり や 転売っていうのは、

そもそも私の考えとは違うわけです。(違うだけで批判していません)




私は本業も持っていますし、そちらを辞める気はありません。


カッコつけていうと、自分の能力、成長への挑戦みたいなものですから…





それはそうと、 暗号通貨でこんなに早く1000万円超が見えてくるとは思いませんでした。



まだ、税金とかを考えるとすべてを円資産に変えるつもりはありません。

(秋には税務署に相談に行って、この件に詳しくなろうと思います)


すべてをビットコインに替えるのもリスクですし、

どの暗号通貨が急騰するか、急落するかなんて読めません。



ですから、夢見ながら、起業(M&A)についても

勉強を継続していこうと思うのです。



そういう意味で、ブログの内容をちょっと修正する意味もこめて、


ブログタイトルに沿った内容を書いてみました。




暗号通貨について興味ある方には申し訳ないのですが、

私が50万円から始めた企業買収が成功するのかどうなのか、

リアルタイムなドキュメンタリーだと思って、


引き続きお楽しみいただければと思います。



ペーパーウォレットが作れる人材?


なけぬし でございます。

今回は投資のお話ではなく、起業のお話。

そもそも、そちらが本題でしたが、テクノロジーの魅力にひかれてビットコインのお勉強(投資)を2年くらい続けてきました。 


今回は、起業になるかわかりませんが、

ちょっとした思いがありますので、ビットコイン関連で起業したいという方、
もしくは、ペーパーウォレットに関して興味がある方とご連絡を取りたいと考えています。


東京、埼玉近郊の方であれば、直接お会いしたいと思います。

それ以外でも興味のある方は、メルアド付きでメッセージを右サイドバーからお願いします。




先日、お勉強会に行って感じたことは、
 

・ビットコインの可能性は、まだまだ残されている。
・ビットコイン関連の人材はかなり不足している。
・ビットコインに興味のある人のコミュニティが足りない。

・そもそもビットコインに関する情報が共有されていない。


このあたり、起業や副業やテクノロジーに興味のある多様な人材が


交流することによって、新しい一歩になるんじゃないかなって思っています。




とりわけ、業界とまったく関係のない私が音頭を取るのは間違っているかもしれませんが、




ビットコイン界隈の人たちは、誰かと誰かが貴重な縁でつながっていたりします。


とてもドラマチックな、世界の潮流を感じたいという興味本位で



多くの人が声をあげてくれると素晴らしいなと思います。



この投稿は思いつきに近いですが、


ビットコイン界隈の人(カネ儲けじゃなくて、テクノロジーor思想重視の人)と


交流できればいいなって思っています。






 

暗号通貨について印象を書いてみると…


暗号通貨について現在の印象をコメントしておきたいと思います。
(好き嫌い、得意苦手はありますが、悪意はありません)


【BTC系】

ビットコイン(BTC):暗号通貨の基軸。デジタルの金。ビットコインが終わったらすべて終わると思っています。たくさんの陰謀論もありますが、弱小国家の通貨が次々にビットコインに置き換わる未来が近い将来やってきます。

ファクトム(FACTOM):ビットコインのレイヤーとしてはポテンシャルが高いと思います。実需が発生すればかなりリターンを生むのではないでしょうか。10年後かな。

ジェムズ(GEMZ):仮死状態というより、終わった感があります。やはりチャットアプリは群雄割拠すぎです。

サトリコイン:フィジカルコインとして記念には良いでしょうが、実生活で活躍するシーンは皆無でしょうか。
 

【イーサリアム系】

イーサリアム(ETH):ザダオ事件でまもなく実行されるハードフォークは、私は歓迎しています。ハードフォークしない場合、ハッカー(クラッカー)がさらに暗号通貨のアラ探しを加速させ、この分野の成長が著しく遅くなると思うからです。ビットコインとは完全に住み分けできるものだと思っています。IoTという実需はイーサリアムかな、と。

DAO:早々にやってくれた系のおさわがせプロジェクトなわけですが、正直、もっとシンプルにSlockだけに注力してほしいと思ったのですが、現行法が邪魔をするというイノベーションの足かせは悩みどころですね。期待しているのですが・・・。


【ビットシェアズ系】

ビットシェアズ(BTS):思ったより停滞しているようで、やはり囲い込むのは時期尚早なんじゃないかなって思います。それでも期待はしていますけれど。

obits:ビットシェアズの活用が難しいので伸び悩むのも無理ないですよね。10年先行っちゃっている感じなので。

ICOO:そもそもICO(株でいうIPO)が成功する確率なんて不明確なのに、そのファンド的な通貨。買った後悔より、買わない後悔の方が怖いので買っただけ。いろいろ後悔させてほしいものです。
 

【XEM系】

NEX(XEM):ある意味では謎の多い暗号通貨ですが、私が知る限り、技術もさることながら思想面でしっかりと考えて成長しているように見えます。これもビットコインやイーサリアムとは違う生態系で生き続けられるのではないかと期待しています。


【その他】 

SYS:普通は、ビットコインの焼き直しが多いのですが、ちょっと面白い立ち位置にいると思っています。実需として、ネットで商取引が成熟するのであれば恩恵が大きいと思っています。

モナコイン:将来的に駆逐されちゃうかな。日本の限られた文化のなかでは生き続けるかもしれません。

リップル:ビットコインが難しいのにリップルはもっと難しいでしょう。投資として推している人は技術的だったり、銀行の国際送金に活用するチャンスに賭けているのかもしれませんが、個人レベルで恩恵は難しいと思うので私は興味を持っていません。

ダイヤモンド(DMD):かつてキツネさんが雑誌で推していたものの一つです。その後、内容を追っていないのでわかりまさえんが、微増くらいしているようなことを噂レベルで認識しています。取り立てて興味ないです。

GAMECREDITS(GAME):つい先日、二倍になって利確させていただいたありがたい暗号通貨です。感謝していますが、未来はそれほど感じません。

DASH:これまた過去に二倍になって利確させてもらった暗号通貨です。いまでも、一年で確実に1.5倍くらいになると思っています。元手がないので、買えませんが、余力があったら分散しておきたい候補です。

カウンターパーティ(XCP):びっとぶりっとさんはXCPに投資を決めたようですが、バーン(焼却)する暗号通貨はXCPだけではなくて、確かリップルもobitsもそのようにして価値を上げるように設定されていると思います。私も寄付を受付けるのはXCPの機能を使っているので文句はないのですが、将来的に他の通貨よりも効率よく価格が急騰するとは思っていません。






さて、総括しますと、


現状認識として


ビットコイン と イーサリアム が2強 と考えており

4年後 ビットコイン 1BTC=20万円 というイメージを持っています。


また、成長率といいましょうか、大穴としてはNEM(XEM)が大きいかなって思います。


やはり、通貨としての需要ではなくて、

ブロックチェーンとしての需要(本来は同じなのですが見られ方が違う)で

NEMが脚光を浴びる可能性があります。




ビットコインは良くも悪くも、改良の余地が少ないと思いますし、

技術的な補完、思想的な補完で、

1)ビットコインを軸に行くのか (ファクトム、XCP…)

2)ビットコインと対抗するのか (ビットシェアズ、DASH…)

3)まったく別次元の発想をするのか (リップル、NEM…)


に分かれて生態系を構築するものだと思います。


これら1)~3)に完全に分離して分類できるわけではありませんが、


どう見ても、 ビットコインありき なわけです。



私はビットコインの存在意義はビットコインを取り巻く生態系によって担保されると思っています。

(簡単に言うと、ビットコイン以外の暗号通貨をビットコインで購入するから、ビットコインに買う必要性が発生し、それがビットコインの価値にもなる)



あくまでも投資という目で眺めており、

情報にも強弱がありますし、開発状況まで熟知しているわけではありませんが、

ここ2年弱見渡した印象が上記のような感じです。



何か思うことがあれば幸いです。














↓ 寄付を手早く 簡単に


Donate with IndieSquare







金(ゴールド)とビットコインは同じ?


 なけぬしは 個人的にゴールドとビットコインは同じものだと思っています。


ここ最近、ビットコインの価格も上昇していますが、

同じようにゴールドの価格も上昇しています。



日本では円建てだと円高なので、それほどゴールドの上昇が
目立たないかもしれませんが、ドル建てでは1300ドルを越えていきます。


マーケットハックさんからの引用です

マーク・ファーバーは、最新の『ファーバー・レポート』の中で「自由経済社会が富の配分に失敗し、同時に富の創造に行き詰れば、万人に万遍なく安定を約束する人たちに、独裁への道が開かれるだろう。こうした人たちによる政府は、好戦的で、美辞麗句を並べてて、民主主義世界を圧倒してゆくことになる」というウイリアム・ダラントの言葉を引用し、このような世界経済の現状を説明しています。

この記事では金鉱株などを推奨しているようですが、


今後はビットコインの価値、意味の理解が広がると、

ゴールドと同じ普遍性が理解されれば、ますます多くの人が注目するに
値することになるでしょう。



(普遍性といいましたが、ビットコインにスケーリング問題があることも事実です)


マーケットハックさんの記事は一読の価値がありますので、おすすめです。


ビットコインは単なる半減期前の需給だけかと思ったら、

地政学的なものもあって、イギリスのユーロ離脱不安、
アメリカの大統領選の不安など既存の経済体制に反旗を翻す意思の
あらわれ、


そしてその回避としての ビットコイン なのかもしれません。



価格だけだと4年後の半減期に参考になりませんので、


一応、メモ代わりに書いておきます。






↓ 寄付を手早く 簡単に


Donate with IndieSquare



GEMZが死んだ? ICOOはダメ? 




GEMZが取引所Poloから除外されたようで、価格が急落しているようです。


また

ICOO や The DAO の評価に疑問を持つ人もいるようです。


まぁそりゃそうだと思います。


投資なんて、一歩間違えれば詐欺とかとあまり変わりませんからね。


それはそうなんだけれど、それぞれのスタンスに従って投資することが
大切なんだと思うんですよ。


(私がいちいち言うことではないのでしょうけれど…)


私は一応、ビットコインが今後値上がりするほうに賭けているようなものです。


ですから、ある意味では引くに引けない状況です(笑)




当然、未来は誰にもわかりません。


ただ、それなりに食いついているわけではなくて、
リップルやモナコインなど見送ってきたものもあります。

DASHも注目してから2倍くらいになりましたが
予想できていて見逃したものもあります。



ここまで来るとある程度の予見とリスクテイクだと思います。



現状では投資額以上の評価額になっていますが、

なけぬしラジオでも語ったように、失敗やトラブルがあっても

突き進んで来た結果だと思っています。




今後もそういうことがあるでしょうが、

それ以上に上回る成績を残すために果敢に行くしかないと思っています。








↓ 寄付を手早く 簡単に


Donate with IndieSquare





 
あらまし

「なけなしの…」の中の人です。主ですので「なけ主」と申します。

50万円を前にして起業していくためにはどうしようか。時間に締め切りはないのですが5年後にはある程度の結果を出していきたいと思っています。

このブログで情報を発信することは自分の進歩を確認するためでもあって現行の仕事と同レベルの位置づけで進めたいと思います。

どのような分野で起業するかは決まっていません。ただビジネスオーナーになるためにいろいろ行動します。


【方針】

・成功のために学習し続ける
・継続的な成長を目指す
・顧客利益の最大化を目指す

【最終目的】

・自分が関与せずビジネスが回る
・投下資金を回収できること
・最終期限は2020年5月5日



初心 http://goo.gl/Q3wx7p
現在の手持ち資金
<総額50万円使用>

現金0万円
(50万円回収済み)

【BTC系】

約35 BTC

10000 FCT

5500 DCT

5 XCP

悟りコイン10枚

【イーサリアム系】

20 ETH

- IXT

【ビットシェアズ系】

約16000 obits

210 ICOO

【XEM系】

171000 XEM

120000 XEM

【その他】

2000 GEMZ

200 SHUMAI

【VALU投資】

0.2BTC使用
13名分保有


(2017/07/17現在)
記事検索
ビットコイン寄付先

BC_Rnd_64px

1BJwz8s6tqmUU7CZUKdtr7vSMFfA7TwMhW
 medium2

【運用ステータス】 運用中

【NPOINT】 交換表はこちら

寄付総額0.94086TCです

ありがとうヽ(´ー`)ノ
 

アクセスカウンター

    Since 2015/05/05

    お問い合わせ

    読者がブログ管理者に非公開でメッセージを送れます。お返事が必要な場合はメルアドを併記してください。

    名前
    メール
    本文
    BTC 円建て
    ETH 円建て
    NEM 円建て
    Obits 円建て
    ICOO 円建て
    DASH 円建て
    GAME-c 円建て
    ランキング