なけなしのおカネで起業するか

手元にある50万円。これで起業するか、どうしようか。どうなっちゃうんだろうかという記録を書いたり書かなかったり。

01書評

『ブロックチェーンの衝撃』を読んで早く衝撃を受けよう!


ブロックチェーンの衝撃』を ようやく購入しました。



ビットコインでAmazonギフト券に変えて、、、

なんて やろうとしたら面倒で、

直接購入しちゃいました。


早いところ、Amazonがビットコイン対応してくれるといいんですけどね。


もうちょっとかな??



内容は私にとっては復習的なこともありましたので、

特別おどろくことはなかったのですが、

ちゃんと書かれているので、脳内補正の必要がなく良書だと思います。





個人的には恩クリ(恩株ならぬ恩クリプト)になっているNEM(XEM)の解説が助かりました。


NEMはまだまだ情報が少ないですしね。


価格は2800円+税 なのですが、


こういう情報を知っていると一瞬で元が取れると思うので、技術者だけではなくて、ビットコイン投資をする方にもオススメです。












IMG_4201
 

『経営学大図鑑』でワクワクしたい




 なけぬしが最近買った本のひとつが『経営学大図鑑』です。


実は、経済学、哲学、心理学などこのシリーズは5冊ほど持っています。値段は高いのですが、入門として俯瞰するにはよい情報に出会えると思います。



本書は、おもいのほか新しい情報の記述があり、アメリカIT系の実践例や人物の思考が紹介されており、大変参考になります。


私のような弱小起業志望に、ワクワク感を与えてくれます。


値段が少々気になる方は、ぜひ図書館に置かれたら見てみることをオススメします。私の近くの図書館では、児童書の近くに置いてありました。まだ新刊でしょうから、置かれるにはもう少し時間がかかるかもしれません。






-----
medium2

当ブログでは仮想通貨に親しむ一環としてビットコインの寄付に対して独自トークンの配布を行っています。ヽ(^o^)丿


◆ 詳細は左のロゴをクリックしてください。 







 

『トリーズ発明原理40』は本というより道具




今回は書評ということで『トリーズ発明原理40』をご紹介します。

トリーズ(TRIZ)は、「ロシアの特許審査官が特許をベースに作成」し、
「200万件以上の特許で、科学的、定量的に検証・ブラッシュアップ」し、
「分野を超えて利用できる」ようにした、ほかに類を見ない、
非常に優れた、発明的な問題解決の理論です。
 
あなたは「車輪の再発明」という言葉を知っていますか?


すでに存在しているものを、いちから作ろうとすることを揶揄して言っています。


そして、このトリーズという本は、お値段は少々高いのですが、かなり使える本です。



 人間は工夫を凝らすときに、似たような問題に直面し、すでに解決した事例がたくさんあります。その解決アイデアを40種類に分けて、解決をはかる方法を紹介しています。



あることを実現しようとすると、あることが問題になります。
この解決方法を前例を知ることによって探るのです。

例えば、「製造の容易さ」を目指すと「生産性が落ちる」という問題が浮き上がるとします。


これを本書の矛盾マトリクスから解決パターンを調べます。

1 分割原理
24仲介原理
28メカニズム代替原理
35パラメーター変更原理

このような解決するために参考にすべき原理が導き出されます。

分割原理は、電車の車両や会議室の仕切りのように必要量に応じて使う範囲が小分けにできるように工夫するべきことを言っています。

仲介原理は、アイロンの当て布、弁護士による仲裁、メガネによる矯正など直接的に解決せずに目的を達するべきことを言っています。

このように40種類の原理があり、その代表的な解決策、工夫例が記載されています。



私たちがビジネスで直面する問題や矛盾に対して、しっかりと論点を整理できれば、既存の解決策がすぐに参考にでき、問題解決のアイデアを導きやすくしてくれます。


私は、いままで製造やサービスにおける解消のポイントを少ない経験で行き当たりばったりで考えていましたが、今後はこの本の内容を参考に、考えなおす習慣を持とうと思いました。



この本は、本から何かを得るというよりも、この本を活用してクリアしていくという道具だと思います。この思考の解決のための道具は2500円以上しますが、ビジネス的に成功できるのであればとても安い価格であり、とてもよい本を手に入れたと思っています。


ただ、普段からアイデアや工夫を必要とせず、何も作り出す必要がない人には「道具」は必要ないことになります。

何もビジネスだけではなく「イベントで効率よく集客するには?」など実生活でも活かせそうな課題の解決のヒントにもなると思います。ひさびさに面白い本に出会いました。













 

対クレーマーが無策だと気づいたので



どもヽ(´ー`)ノなけ主です


画像にある本を読んでいます。
とても、参考になることが書いてありました。


それは対クレーマーについて。


一般的な考え方は「お客様は神様です」に始まって「クレームは宝」という流れだと思います。



私が知っている大好きな三谷幸喜さんのドラマ「王様のレストラン」では、


「お客様は王様であると先輩ギャルソンに教わりました。ただし首を切られた横暴な王様もいると聞きます」みたいなセリフがあったかと思います。(うろ覚えでスミマセン)


本書では、

レスポンスが上がるとクレーマーが増える。

クレーマーが増えると社員が疲弊する。

そこで一定割合でクレーマーと決別する必要がある。

クレーマーと決別するには理由を言ってはいけない。


このようなことが書いてあります。

(本書にはもっと詳しく書いてありますのでぜひ参考にしてみてください)


私の基本政策として対クレーマーの対応が無策でしたので、大変参考になった点です。



仮にもビジネスオーナーを目指す身としてはこういう情報をしっかり整理しておく必要を強く感じました。




『仮想通貨革命』を読んで未来のしっぽがつかめそう





どもヽ(´ー`)ノ なけ主です。


ようやく『仮想通貨革命』を読むことができましたので、感想を。


いくつかの私の誤解
 
グレシャムの法則によって「悪貨は良貨を駆逐する」と思っていたけれど、交換比率が法律によって固定されている場合のみ。

中国っでビットコインが禁止されているのは金融機関の関与。両替所の活動はふつうに行われている。

IT革命は未知なる先進技術というより産業革命以前の小規模な独立自営業者の経済への回帰である。

あたらしい資産が作り出され所有権の概念が変わる。 経営者がロボットに置き換えられた企業さえ登場することさえありえる。

「リバタリアン」と呼ぶことで貨幣自由化論に「危険思想」の烙印を押そうという意図が感じられる

ビットコインはそもそも取り締まろうとおもっても取り締まれないという技術的な問題を抱えている。



 続きを読む
あらまし

「なけなしの…」の中の人です。主ですので「なけ主」と申します。

50万円を前にして起業していくためにはどうしようか。時間に締め切りはないのですが5年後にはある程度の結果を出していきたいと思っています。

このブログで情報を発信することは自分の進歩を確認するためでもあって現行の仕事と同レベルの位置づけで進めたいと思います。

どのような分野で起業するかは決まっていません。ただビジネスオーナーになるためにいろいろ行動します。


【方針】

・成功のために学習し続ける
・継続的な成長を目指す
・顧客利益の最大化を目指す

【最終目的】

・自分が関与せずビジネスが回る
・投下資金を回収できること
・最終期限は2020年5月5日



初心 http://goo.gl/Q3wx7p
現在の手持ち資金
<総額50万円使用>

現金0万円
(50万円回収済み)

【BTC系】

約35 BTC

約4 BCH

10000 FCT

5 XCP

悟りコイン10枚

【イーサリアム系】

- ETH

40500 IXT

8000 RvT

【ビットシェアズ系】

約16000 obits

210 ICOO

【XEM系】

約250000 XEM

約22000 CMS

【その他】

2000 GEMZ

200 SHUMAI

【VALU投資】

0.2BTC使用
13名分保有


(2017/10/31現在)
記事検索
ビットコイン寄付先

BC_Rnd_64px

1BJwz8s6tqmUU7CZUKdtr7vSMFfA7TwMhW
 medium2

【運用ステータス】 運用中

【NPOINT】 交換表はこちら

寄付総額0.94086TCです

ありがとうヽ(´ー`)ノ
 

アクセスカウンター

    Since 2015/05/05

    お問い合わせ

    読者がブログ管理者に非公開でメッセージを送れます。お返事が必要な場合はメルアドを併記してください。

    名前
    メール
    本文
    BTC 円建て
    ETH 円建て
    NEM 円建て
    Obits 円建て
    ICOO 円建て
    DASH 円建て
    GAME-c 円建て
    ランキング